お水と洗剤

コップ一杯の水に食器用洗剤を一滴垂らす

たちまち混ざり合って

見た目では洗剤が入っていることはわからない

ひとたびそれをグルグル掻きまわすと泡が立つ

 

私たちは誰しもみんな純粋なコップの水で

だけど内側に憎しみや怒り、悲しみや不平不満という洗剤を

知らず知らずのうちに垂らし続けてきて

ちょっとしたきっかけで「問題」という名の泡を発生させる

 

これまでヨガとして聞いてきたのは

その泡を立てないように

意地でもコップを動かさないように

泡が立ってもいかにも立っていないかのように

例えるとそんな感覚

まるで泡は悪者扱い

 

私たちの学び舎であるワナカムヨガスクールでは

私たちの師であるマスター・スダカーは

既に混ざっている洗剤を

これから入ってしまうだろう洗剤を

いつどうやって水と洗剤に分けるか

どうやったら純度の高い水のままでいられるかを教えてくれる

洗剤を排除することを勧めることもなければ

泡が立つことも悪いとは言わない

 

内面に限ったことではなく肉体も同じ

痛みは避けるものではなくて

根こそぎ根本から取り去らないと

見えていないようで蓄積している洗剤と同じ

 

ヨガは誰から学ぶかで

その後の人生が大きく変わる

それは教わる根本が異なるから

 

古典ヨガ始めませんか

 

f:id:kotenyoga0630:20200207233158j:plain

 

MIZUHO